浜松市の建築事務所「いつ木工房」です。趣味を活かす家、福祉住宅などを通して皆様の豊かな生活をお手伝いします。
浜松市の建築事務所 いつ木工房 お問い合わせフォーム

いつ木工房のお客様よりお声をいただきました

お客様より喜びの声を頂きました。一部ご紹介致します。
また、このコーナーではお客様からいただいたご意見ご感想を随時更新していきます。

浜松市西区坪井町 T 様邸

今回の施工現場は、西区坪井町にあるケーキ屋さんT様邸。下水道の切り替え工事でした。
紹介を受けて、これまでの改装してこられた経緯や頑張っていらっしゃる話しをいろいろ聞かせていただきましたが、『何とかならないのかな?』と強く感じました。使い勝手が良くないところや費用的な面で、『少しでも役立てば・・・』とそんな思いでした。 洋式トイレの設置とオリジナルな洗面カウンターを設置して、後は入口付近の出入りを良くしました。ゆっくりしていきたいお客様にも利用していただけるでしょう。これからお庭の改装にも手掛けていき、今でさえ味で人気のお店をさらに居心地の良い空間へと造り上げ商売繁盛となるよう応援していきたいですね!
(いつ木工房 上田)

後回しになっていたトイレの改修工事でしたが、ようやく「やろう」と行動を起こしました。
初めはいつ木工房さんではなく別会社に頼んでいたのですが、その業者さんが見てくださった時に「壁も抜かなきゃ」とおっしゃったのです。
正直ショックでした。金額的にもですが、何より父と母との思い出の家、なるべく変えすぎてしまわないようにと考えていたからです。
そこで知人から紹介を受けた、いつ木工房さんになら安心して工事が頼めると思い依頼をしました。
見積のために下見に来てくださった時、いつ木工房の上田さんが「この壁残して工事しようか」とおっしゃりました。その話はまだしていなかったのに、私のこの家に対する思いを汲んでくださっているようで正直驚きました。
また、トイレの工事と一緒に庭の木も切っていただきました。私ではどうしてもできず困っていたため、とても助かりました上田さんの依頼主に対する心遣いに感謝しています。
ありがとうございました。
(T邸 奥様コメント)

浜松市東区天竜川町 H 様邸

H様は一生懸命に土地を探されていました。私がチラシを撒いた ことがきっかけで、お問い合わせをいただいてからのお付き 合いでした。小学校区を気にして探されていたので、なかなか 好条件に合う土地がありませんでした。ローコストの会社との 比較もされていましたが、結局、優良な土地を選びたいとの 希望も強く、自分が携わった過去の建物も見ていただき、 納得の末決断していただきました。ご家族4人の仲の良い ところを感じていましたので、リビング中心の間取りを提案したい と思ってました。完成してから、子供さんが飛び回る姿を見て 安心しているご夫妻の様子を見て、更に安心しました。
(いつ木工房 上田)

以前団地に住んでいました。
そろそろ家を建てようかな、と考えていた時にポスティングされたチラシを見たのがいつ木工房さんとのお付き合いが始まったきっかけです。
上田さんは土地探しから内装まで全てに渡りとても親身になって話を進めてくださいました。しかも、私たちのペースに合わせてじっくりと考える時間を作って いただいて。壁紙や外壁選びの際も納得がいくまで何度でも足を運んでくれたんです。こんなこと言っちゃいけないかも知れないけど、大手のメーカーさんに頼 んでいたらこうまでしてくれなかったんじゃないでしょうか(笑)。
細かい部分でもプロの目からいろんなアドバイスをくれたり、要望を聞いてくれたりしました。例えば、外壁の色決めの時。希望した色のサンプルだけでなく、そのほかの提案も積極的に持って来てくれました。
また、部屋の中が角の多い作りなので、せめて外観のどこかに丸みを持たせて欲しいとお願いをしたところ、ベランダ部分と玄関のポーチの角を丸くしてくれたんです。ここ、特に気に入ってます(笑)。
本当にありがとうございました。
(H邸 奥様コメント)

袋井市可睡の杜 M 様邸

M様との出会いは、諸都合により建築中の引継ぎがきっかけでした。いろんな話しを繰り返しているうちに、居心地の良い空間を提案してあげたいという私の思 いが強く、カラー診断を試み、M様の好きな色でなく、似合う色を基調として考えてみました。満足度も高く、永年暮らしても落ち着く空間、誰が見てもご家族 3人がその空間に居て、ピッタリの雰囲気を造ることが出来ました。ご家族の個性的空間の創造を果たすことが出来たと思います。また、家造りの楽しさを感じ させることにつながったと思います。
(いつ木工房 上田)

「『顔色いいね』『雰囲気変わった?』---家を建ててから遊びに来た友人に言われ驚きました」 M様ご一家は袋井の可睡の杜にお住まいの3人家族。上田が建築設計の前段階にカラー診断を導入して最初のお客様だ。
カラー診断についてM様ご夫妻は「カラー診断の効果がでてきてる」と語る。
ご友人から言われた言葉と同じく、ご夫妻も環境の変化を感じ喜んでいた。
M様「カラー診断の効果がしっかり出ていて主人と一緒に喜んでいます。実を言うと上田さん知り合う前は、家を建てるなら外壁色はベージュ系にしようと思っていたんです。」
しかし実際に診断をしてからの答えは違った。診断を終えサンプルを見て決めた色はグレーとホワイト。建てた家は黒に近いグレーをポイントカラーとし、ベースには淡く黄色掛かった白を基調にした。
撮影の為に玄関前に立たれたご夫妻を見て、確かに色が映えると感じた。また、年齢も実年齢よりも若く見え、ご夫妻が満足だとおっしゃる事にも納得がいく。
続いて、建物そのものについて尋ねた。まず、アプローチについて。
M様 「アプローチ部分には小さいタイルを敷く予定だったですが、価格はそのままで大きいタイルに変更してくれたんですよ。ちょっと感激しましたね(笑)。」
色だけではなく機能性、ヴィジュアルも考え上田が手を加えた部分が多い。例えば玄関ホールに併設された収納スペース。
M様 「この位置に段差もなく収納があると、ベビーカーや傘、季節外れの靴などをしまうのにとても助かります。棚もつけてくれたんですよ!」
次に、リビングへ通された。そこには木の温もりを活かしたテーブルが一つ。実はこのテーブル、建設工事が終わったお祝いに上田がM様にプレゼントした物なのだそうだ。木目をはっきり見せる素材を選んだのも、カラーコーディネーターとの相談の上での決定なのだとか。
他にも、壁紙やカーテンなどの選択や、壁に設けた飾り棚、明かり取りにも有効な正方形が4つ並んだ窓、大きなお風呂など、この家はご夫妻のお気に入りで満たされているという事がはっきりと伝わってきた。
M様 「こんなにも良くしていただいて感謝してます」
そう言われたご夫婦の笑顔が今日の取材が本音トークだったという、何よりの証明だと感じた。
(記者:エンジェルデザイン岡田)

浜松市南区瓜内町 O 様邸

紹介がきっかけで、ご提案の繰り返しを重ねるうちに任せてくれました。建材を運んでいる仕事のご主人だけに、材料のこだわりにはたくさんありました。予算 と照らし合わせ、大きさも調整し、資金調達の面など、検討することは若干ありましたが、お金と大きさと、材料のバランスの取れた建物が出来たと思ってま す。外観や使い勝手の希望も多くありまして、特にバイクに関心のあることや車を大切にしているところを重視して、間取りを考えました。私がいつも考えてい る“趣味な家”の一つが実現できたと思います。
(いつ木工房 上田)

「こんなはずじゃなかった」と語ってくださったのは浜松市南区瓜内に趣味の家を建てられたO様。それに対して上田が意見。お客様の夢を実現するお手伝いを したい。しかしながら、必ずしもご希望通りに行かないことがある。手抜きやいい加減な仕事でない限り、そこには何事にも理由があるのだ。そして上田は語 る。『今回の仕事はお客様と担当のイタチごっこだった』と。
O様「鬼瓦を上に載せるって決めてたでしょ?なんで普通の瓦だけでやっちゃうかな。」
上田「いろんな希望を取り入れた全体予算で考えるとここは普通にしましょう、ってご説明したじゃないですか。」
O様「ホビー部屋だってなんかスロープついちゃってるし。基礎あんなに高くしなくてよかったのにさ。壁だって土壁がよかったんだよ。」
上田「壁を土にできなかったのだってわかってますでしょ。いやいや、基礎だって高く造ったわけではなく標準ですよ。もーOさんは〜。ハハハッ」
こんなこともあるが悪いことばかりではない。
O様「まぁ、終わったことはいいや、あれはいいね〜アイランドのキッチン。使いやすいよ。まだ誰ともキッチンでぶつかってないからね(笑)。」
上田「そうですか!よかったです(笑)。」
取材記者が同席した場でこうした本音トークが聞けるということは、まさにお客様と上田がしっかりとした信頼関係を築いている証ではないだろうか。
(記者:エンジェルデザイン岡田)